衛生管理者免許試験関係のご案内
受験資格
  • 学校教育法による大学又は高等専門学校(専修学校・各種学校等は含まれません。)を卒業した者で,その後1年以上の労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • 学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で,その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • 船員法第82条の2第3項の衛生管理者適任証書の交付を受けた者で,その後1年以上の労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • 10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
  • その他厚生労働大臣が定める者(衛生管理者規程(平成12年12月25日 労働省告示第120号)第5条参照)
労働衛生業務の内容(免許試験受験申請書中の説明事項 抜粋)
  1. 健康診断実施に必要な事項又は結果の処理の業務
  2. 作業環境の測定等作業環境の衛生上の調査の業務
  3. 作業条件,施設等の衛生上の改善の業務
  4. 労働衛生保護具,救急用具等の点検及び整備の業務
  5. 衛生教育の企画,実施等に関する業務
  6. 労働衛生統計の作成に関する業務
  7. 医療機関,保健所における看護師の業務
  8. 労働衛生関係の作業主任者としての業務
  9. 労働衛生関係の試験研究機関における労働衛生関係の試験研究の業務
  10. 准看護師の業務
  11. 自衛隊の衛生担当者,衛生隊員の業務
  12. 保健所職員のうち,試験研究に従事する者の業務
  13. 建築物環境衛生管理技術者の業務
  14. その他(本項については中国四国安全衛生技術センターへお問い合せ下さい)
●受験要領その1 福山会場で受験する場合
  1. 試験会場 中国四国安全衛生技術センター
     (〒721−0955 福山市新涯町2-29-36 電話084-954-4661)
  2. 試験日 試験は毎月1回13時30分から16時30分の間に行われています。
  3. 受験受付期間
     試験日の2ヶ月前から受け付け,締切りは郵送の場合は試験日の14日前,また技術センターに直接持参する場合は試験日の2日前までです。
  4. 受験申請書 最寄りの地区支部又は当協会で頒布しています。講習会場でも頒布します。
  5. 受験手数料 6,800円
●受験要領その2 広島会場で受験する場合
年に2度、広島市内を会場として出張特別試験が実施されます。第1種衛生管理者免許試験及び第2種衛生管理者免許試験の実施の概要は次のとおりです。(後日掲載予定)
参考
常時50人以上の労働者を使用する事業場は,その業種の区分及び事業場の規模(常時使用する労働者数)に応じて,衛生管理者を選任しなければなりません。(関連法規 安衛法第12条. 施行令4条. 安衛則第7条)

労働安全衛生規則(抜粋)
第7条 法第12条第1項の規定による衛生管理者の選任は,次に定めるところにより行わなければならない。

  1. 省略
  2. 省略
  3. 次に掲げる業種の区分に応じ,それぞれに掲げる者のうちから選任すること。

    イ 農林畜水産業,鉱業,建設業,製造業(物の加工業を含む),電気業,ガス業,水道業,熱供給業,運送業,自動車整備業,機械修理業,医療業及び清掃業
     第1種衛生管理者免許若しくは衛生工学衛生管理者,免許を有する者又は第10条各号に掲げる者

    ロ その他の業種
     第1種衛生管理者免許,第2種衛生管理者免許若しくは衛生工学衛生管理者免許を有する者又は第10条各号に掲げる者

(詳細については最寄りの労働基準監督署へお問い合せください。)